儲かる
アフィリエイト広告とは

広告単価が高い
ということです。


一人紹介するごとに
300円しか貰えないのと
三万円が貰えるのでは大違いです。


もし
目標の額を
稼ごうと思っても

単価300円では
まず絶対的なアクセス数が
必要となってきてしまいます。


しかし
単価が三万円なら
話は違ってくるのです。

一人分の
報酬でも3万円。

これを
単価300円の広告で
目指すと100人は集めないとだめです。

そうなれば
誰だって高単価の方が
いいに決まっていますよね?


しかし
全てが全て
そう上手く行くわけではありません。

高単価の
アフィリエイトを
目指すということがどういうことか

そして
そのためには
何をしたらいいのか

解説していきます。





高単価をモノにするアフィリエイトとは

まず
高単価な広告とは
特定の商品の広告であることが多いです。


AdSenseなどは
クリックで報酬が発生しますが
アクセス数の暴力で収益を上げるもので

少ないアクセス数で
収益を上げたいという
高単価アフィリエイトとは

全くの
正反対な広告です。


amazonなど
ショッピングサイトの
共通の広告などもありますが

報酬は
商品の10%程度です。


高単価と言われる
数千円の大台に乗るためには
安くとも数万円の商品の紹介が必須です。

実際には
報酬率がもっと低かったり

そもそも
数千円では
そこまで高単価ではない

なんてこともあります。


ですから
高単価ではない
なんて言われることもあります。


とはいえ

比較的高額な
PCなどの広告なら
割と良い額になるのではないか

とは思います。

高いから広告料も高い

高い広告費を
かけられるものは
それだけ高額な商品です。


高額というよりは
利率が高いという方が正確でしょう。

実際にあなたが
アフィリエイトで
紹介しようと思ったなら
購入して確かめる必要があります。


テキトーな記事を
書いてしまう人もいますが
アフィリエイトをやるなら
購入して内容を確かめるのが筋です。

何もわからない
ままでレビューなど
あり得ないはずですからね。


ところが
広告料が高い物は
それだけお金がかかります。

当たり前の話で

300円の商品に
報酬4000円では

広告を通して
売れれば売れるほど
損が広がってしまってしまいます。


なので
基本的に
商品価格を上回る
アフィリエイト報酬はあり得ません。

これが通常の
ポスターCMなどの
広告であれば違います。

あれは
どのくらいの広告費で
どのくらいのリターンが出るか

企業の側が
非常に難しい
判断を行って決めています。

しかし
高い物を買うには
お金がそれなりに必要です。

アフィリエイトは

初期費用の少ないビジネス

という
言われ方をしますが

それは

仕入れの額が少なく済む

だけであって

仕入れるための
資金は絶対に必要です。

アフィリエイトや転売の初期費用の問題

転売の場合

売る数だけ仕入れが必要です。


100個売ろうと思えば
100個仕入れることになります。

10個仕入れて
100個売るなんて不可能です。



しかし
アフィリエイトの場合

レビューするのに
購入するのは1つだけでいいです。

1つだけしか
購入しないのでは

確かに
1つの商品の
広告しかできません。


しかし
サイト1つを
1つの内容に特化し
1つの商品を売り込む

そんなサイトを
構築している人もいます。


扱える商品が
多いことはいいことですが

なにも
数にこだわる必要はないです。

ですから
もし同じ商品を
複数売って収入を
得ようとするのであれば

アフィリエイトがお勧め

という訳です。

報酬単価が高い広告

報酬単価が
高めなものとは

つまり
基本的には

それ相応に高い物になります。

それは
今までの話通りです。


では
具体的には
どういう物なのか
説明していきたいと思います。

情報商材

報酬単価が
高いと言えば
これが真っ先に
挙げられるでしょう。


販売価格が
万円単位であること

さらに
報酬額は
販売価格の半分ほどと
割合で見てもかなり高いです。


とはいえ
情報商材は
高い値段の割に
酷い内容のものもあり

紹介する場合には

自分でしっかりと
内容を吟味してください。


さもなければ
酷い商品をばら撒く
害悪アフィリエイターに
堕ちてしまう末路が待っています。

金はかからないのにアフィリエイトが高い案件

しかし
それでも
広告の中には
購入価格は高くない

どころか
タダの案件なのに
報酬が高い物もあります。


しかも
それらの多くは
自己アフィリエイトにも
対応している物が多いので


アフィリエイトの
初期費用の調達にと
勧める人もとても多いです。



自己アフィリエイト
について知りたいという人は

以下の記事を
読んでみてください。

ASPを利用してアフィリエイトやらなくともネットでお得に暮らそう

私は
自己アフィリエイトと並行して
ポイントサイトも利用しました。


ただし
気を付けてほしいのは

広告費が高いのは
その分を回収できるカラクリがある
からです。


そのことを
考えておかないと
アフィリエイターでも
カモにされてしまいます。

クレジットカード

クレジットカードは
確かにかなり報酬が高いです。


年会費無料な物でも
かなりの報酬単価です。


出費無しと言うのは
広告の利用者のハードルが低く

高い商品よりも
成約率は高めです。


PPC広告を
用いたような
アフィリエイトでは

クレジットカード案件

を利用して
財を成したという人もいます。


なので
初心者向きの
高単価アフィリエイトでしょう。

FX・バイナリ―

FXや
バイナリーオプションも
報酬単価が高いことで有名です。


しかし
これらは
紹介者がある程度
取引を行わないと報酬がないです。

FXの口座は
無料で作成できます。

さすがにそれだけで
数千円を渡していては
商売あがったりですから

それなりの
ハードルは設定されています。


とはいえ
取引自体は
利益を発生させるためのもので

商品と違って
儲けと金を使うことが
直結しているので勧誘はしやすいでしょう。


とはいえ
自分で試そうと思えば
トレードで損失を負うこともあります。


只より高い物はない
といったところでしょう。


ただし
私としては
FXの取引自体が好きでなく
基本的にFXは推奨していません。

どうしてなのか
ということについては
以下の記事を読んでみてください。

FXとは参加者の金の毟りあい|腹痛男が包み隠さず話す

それとは別に

なぜFXの報酬単価が高いか

というと

FXは

トレードの際に
手数料がひかれます。

多くの人が
参加すればするほど

当然
たくさんの手数料が
来るので運営としては
出来るだけ人が多い方がいいです。


それ以外にも
理由はありますが

先ほどの記事を
参考に考えていただければと思います。

まとめ

以上
報酬単価の高い
広告についての話でした。


単価が低いものは
それだけ誘導しやすいですが

逆に
高単価な物は
アクセス数が少なくとも

大きな収益を
挙げることが可能です。


何方の方が
やりやすいかは
あなたの運営する
サイト次第、目標次第です。


広告の
詳しい種類を知って
より効率よく稼ぎましょう。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト

稼ぎやすいと噂の
アダルトアフィリエイトの
情報はこちらから

藤田のネットビジネス無料メール講座