外注とは
簡単に言えば
他人に仕事を任せることです。


インターネット上では

収益特化ブログは
外注記事で大量生産

なんて解説まであります。


そんな気楽に
アフィリエイトができるなら
世話はありません。


その外注と
アフィリエイトについて
解説していきます。

外注とは

外注とは
自分の仕事の一部を
外に仕事を発注すること

つまり、仕事を依頼するということです。


別にこのこと自体は
極めて一般的な事です。


大きな会社でも
コンピュータシステムを作るのは
他の会社にやってもらったりします。

これも外注です。


ただ
アフィリエイト業界では
この外注を狭い意味での外注で
とらえる人もいます。

どちらというと
素人のような人たちに
仕事を発注して記事を書かせる。

そう言う外注です。


本来は
自分よりレベルの高い人

例えば、先輩ブロガーなど

に仕事を依頼して
記事を書いてもらうのも
正しく外注なはずです。


実際、レベルの高い人に
仕事を頼む外注をしている人もいますが

むしろそうじゃない方が
インターネットでは取りざたされます。


そのタイプの外注の
主な舞台になっているのが
クラウドソーシングです。

クラウドソーシングはフリーランスの働き方

クラウドソーシングでは
仕事を発注すると
サイト内で公開されます。


仕事を探している人は
公開された仕事の中から
自分の出来そうな仕事に応募する。


発注者は
仕事を任せられそうな人に
仕事を発注し、仕事をしてもらう
と言うシステムです。


あなたは
発注者・受注者
どちらの立場にもなれます。

ただし
クラウドソーシングは
色々な課題を抱えています。


仕事にもたついていると
単価がとても低くなってしまう等
のことがおこってしまいます。

そのため
人によっては
クラウドソーシングを
絶対にやるなと断ずる人もいます。

アフィリエイトをするなら外注はやめるべし

私はあまり外注はお勧めしません。


大問題として
いつまでたっても実力がつかない
ということがあります。

どれだけ記事を更新しても
それが他人の書いたものでは
自分の力にはなりません。


記事を自分で
書いて行ってこそ
確かな実力となります。


さらに言えば
アフィリエイトや
ブログのマネタイズの良いところは
どんな経験でも記事にしてお金にできるところです。


きちんとキーワードを意識すれば
方向音痴だろうと記事のネタです。


方向音痴を直したい
色々と調べて試してみる
これが一番効果的だった!

と言うように記事を
書いてみれば、なかなか悪くないはずです。


このサイトでは
ネットで稼ぐことが中心です。

なのでさすがに方向音痴
を矯正するネタでは記事にしづらいです。

さすがに他記事との
整合性は考えるべきです。


逆に言えば
外注してアフィリエイト楽になった
と言う記事を書いてみてもいいんですけれどね。


アフィリエイトの
収益特化ブログは外注で記事を作ってる
とか言う人もいます。

そう言う人が
いることは否定しません。


しかし少なくとも私は
1記事1記事ヒーヒー言いながら
自分で書いています。

なので全てが外注だ
とは思われたくないですね。


私の場合
人と話すは得意で無し
時間はあれども金は無し
だったので外注しないだけかもしれませんが。

失敗続きだからこそアフィリエイトできる

何でもブログのネタにできる
ということをさらに深掘りしてみます。


キーワードを
意識した方がいいのは
Google最強時代の今では
常識的な考えです。


とはいうものの
キーワードばかり意識しては
つまらないサイトになってしまうこともあります。


なので
もっと自分をさらけ出した記事を
書いてみることもお勧めできます。


このサイトでは
失敗・成功・経験・技術
どんな話も記事にして行っています。

アフィリエイトの良さは関係無い内容でも記事にできること

書いた記事が誰にも
読まれないかもしれません。


ですが内容が
激薄でなければ記事数は
そのサイトを育ててくれます。


記事数は
それだけ頑張ったという
証にもなってくれますから
アフィリエイターを裏切らない数字です。


しかも
本当にごくわずかですが
さっきの記事で紹介した記事は
ちょっとずつ読まれています。

全くの無意味
と言う訳ではなかった
ということです。

(ちょっと感動します)


そう言った経験で
思ったこと感じたことは
例えレベルの高い人に外注しても
絶対に書けないでしょう。


甘いも辛いも記事になる。
易い難いも血肉になる。

そう言う気持ちで
アフィリエイトをしなければ
アフィリエイトで暮らすのは不可能でしょう。

アフィリエイトで外注が効果的な状況

基本的には
アフィリエイトするならば
外注と言う手段をとらない方がいいです。


とはいえ
批判一辺倒ではなく
効果的である状況も解説します。


特に外注に出すうまみが
大きい物は「自分以上の実力」
を持っている人に頼む場合です。


外注とは若干ずれますが
このサイトはSEO対策として
賢威というテンプレートを用いています。

賢威はSEOを丸ごと対策する優れもの

私には細かいSEOなど
の知識はありません。

このサイトが
SEO的な評価を受けているのも
賢威によるところが大きいです。


ある程度割り切って
ここは人に頼もう
と言う判断は必要です。


全てのことを
0から学んでいこうと思うと
それだけで時間がかかってしまい
頭でっかちな存在になってしまいます。


一方、私は文章は自分で
徹底的にやっていくと決めました。


htmlで
外観を整えたり
SEO的に評価されるような
システムを作ったりと言うのは
賢威にお任せすることにしました。


ただ、アフィリエイトをやるなら
文章だけは自分で書いた方がいいです。


賢威はとりあえず
一回購入してしまえば
その先も使用する権利が貰えます。

サイト、その中でも特に
記事数が求められるブログで
記事の作成を外注すると
とてつもなく高くつきます。


それを支えられるだけの
資金があるのならば
腕のいい人を自分で雇いましょう。


それが嫌なら
アフィリエイトを諦めて
投資に突っ込む方がいいでしょう。


先ほども言った通り
成功した話だけが
アフィリエイトで役立つわけじゃないです。

失敗談も含めて
記事にしてサイトを育てる。


その根性がない人に
アフィリエイトは向いていません。

アフィリエイトするなら文章からは逃げられない

アフィリエイトでは
文章を書くことからは逃げられません。


文章を書くのが
大得意と言う人は
中々いないと思います。


私も決して
得意とは言えない方です。


もし
収益特化で
ある程度割り切って
文章を書きたいという人には
ミリオンライティングという教材を
お勧めします。

ミリオンライティングは役に立つか否かをレビューしてみた

ミリオンライティングは
サイト的なコピーライティング
の教材としてはかなり優れています。


更に価格も安いです。


難点があるとすれば
収益特化の文章なので
人によっては書くことに
抵抗を感じるかもしれません。


しかし、内容は
価格の割に強力なので
是非目を通してみてください。

まとめ

外注そのものは
悪ではなくとも
自己成長が重要な
アフィリエイトにおいて
挑戦なくして成功ありません。


どこまでの部分を
外注し、自分でやるのか
しっかりと考えて取り組んでください。