インターネットでは
様々なマーケティング手法が
開発され、実践されていています。

簡単にわかるネイティブ広告とは

ネイティブ広告とは

簡単に言えば

広告っぽくないように
表示される広告

のことです。

ネイティブ広告の中でも
多くの種類に分類されているのですが
今回はイメージの理解程度の説明にとどめます。

種類についての詳しい説明は
別途したいと思います。

例を見てみましょう。

President Onlineから
関連記事のまとめを見てみます。

こちらで赤で囲んだ広告は
いかにもなGoogleAdSenseの広告です。

しかし、今度こちらで示した広告は
あんまり広告っぽい雰囲気はないですよね。

よく見ると「広告」
の文字が着いています。

この場合は
比較的わかりやすいです。

多くの場合は
もっと小さく「PR」
などと書いてあったりするので

内容によっては本当に気づかずに
クリックすることも、私自身もあります。

とはいえ
GoogleAdSenseでは
広告の部分には「広告」「PR」
など何らかの形で

これは広告ですよ

と言うことを
示すように規約で示しています。

なので
本当はそれを見れば
一発で分かるはずの物です。


ネイティブ広告は
最初はコンテンツの一部分として
受け止められるため

広告=嫌な物

の先入観を薄めることができます。


記事の途中でも
広告を入れてくる
サイトもありますから

それに比べれば
コンテンツを阻害しない
という点でユーザー目線の
広告の形式と言えるでしょう。


最近は
スマホでサイトに
アクセスする人が非常に多いです。

内容に
割って入ってくるアドセンス広告は
スクロール刺せずにクリックさせるなど

見方によっては
えげつないとも言えます。

それを
避けられるのであれば
ありがたいともいえるわけです。


ですが逆に考えれば
こざかしいシステムでもあります。

他のコンテンツと
間違えてクリックさせる
と言う文面だけ見れば悪質にも見えます。


勿論、それを防ぐために
「広告」「PR」と言う言葉を
添えることになっているのでしょう。

とはいえ
字は小さいですし
私も何度か広告と気づかず
クリックしてしたことがあるほどです。

ネイティブ広告の活用について

ネイティブ広告が
どんなに便利だろうと
使えなければ意味がありません。

そのために
htmlの勉強をするのも
手間がかかって嫌でしょう。

しかし
Googleも
最近ではネイティブ広告を
利用しやすくなるサービスを展開しています。

AdSense内で
・自サイトの関連記事
・AdSense広告
を並べて
表示してくれる
ものを提供しています。

AdSenseは
審査がある物なので
誰もが使えるわけではありません。

とはいえ
Googleが先導となったことで

今後
ネイティブ広告が
一般化していくかもしれません。

そうなれば
他の広告サービスでも
ネイティブ広告を使える時が
来るかもしれません。

(断言はできませんが)

まとめ

ネイティブ広告は
広告とは分かりづらい
広告の表示方法です。

ここ最近
かなり頻繁に
見るようになっています。

ですが
気に留めている人は
あまり多くはないでしょう。

そう言った意味で
この記事を読んでくださった方は
非常に進んだ知識をお持ちだ、ということです。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト

稼ぎやすいと噂の
アダルトアフィリエイトの
情報はこちらから

藤田のネットビジネス無料メール講座