ここでは覚書程度に
腹痛男がどのようなスタンスでトレードに望むのか
を書き記したいと思います。

2017年の反省

昨年のトレードはFX一本でした。

5万円から6万円にして
4万円を追加投入で
10万円にしたのを8万円に減らしてから
口座から金を引き上げました。

ただ、トレード中においては
利益確定、というよりも損失確定時の
精神的負担の大きさが何よりも大きなダメージでした。

仮想通貨に関しては
購入したはいいのですが
利益確定させる前に大暴落に巻き込まれ
そのまま含み損を抱えている状態です。

もともと仮想通貨の値動きを
知るための自分への投資と考えていたので
しばらくはこのままの状態でほったらかしておくつもりです。

このまま仮想通貨が滅んだ場合には
仮想通貨に投入したお金はそのまま心中ということになりそうです。

今年のFX

先に述べた反省や
今年はブログの製作に注力したいこともあって
FXはエクセルで適当に帳簿を着けるだけにしておくことにしました。

こういう感じで
いつ、どのくらいの額でどのポジションを持ったのか
を書き記すことで、仮想的にFX取引を行っている感覚にします。

仮想FX口座を利用しないのは
単純に思いつきもしなかったというのもありますが
むしろ、額が見えてしまうというところの恐怖を忘れたかった
という気持ちがありました。

ポジションを持つと
大抵のFX口座では現在の含み損益を表示してくれます。
これが私にとっては精神的な負担となり
トレードを上手くできない原因の一つであったとも考えています。

そのため、冷静にチャートを見つめるために
まずは自分の中でだけ仮想ポジションを持つことにしました。

実際、このエクセルの仮想トレード内でも
損失を確定させているところはありますが
とりあえずは気楽に構えていられるのでありがたいです。

緊迫感がないままトレードを行っても得られるものはない
とおっしゃる人もいるかもしれません。

実際のトレードでは緊迫感が
判断を狂わせることもありますから
緊迫感がないまま仮想トレードを行っても
実際のトレードで成功するとも限らないという指摘は正しいです。

とは言うものの
私は本業のトレーダーになるつもりはありません。

将来的にチャートを見る目や手法の調査・実践
その辺のことができればいいかなと思っている程度です。

あくまでブログのネタとしてトレードを行っているので
実際にトレードでお金が得られるかよりは
知識重視なスタイルなわけです。

なので、そこは割り切ってやっていきたいと思っています。

株トレード

最近、FXトレードより興味を持っている内容です。

前までは
企業情報などを見るのが面倒
どの企業を選べばいいのか判断しづらい
という理由で敬遠していました。

ですが、逆に言えば
それらの情報をきちんと管理出来れば
FX以上にやりやすい点もある、ということを感じました。

もちろん、会社が倒産した場合は
その時の株式は紙切れになるリスクはあります。

しかし、そのリスクとどう折り合いをつけるのか
ということが今後の株式トレードで調査したい内容だと考えています。

まとめ

2018年の腹痛男のトレードへの姿勢は
様子見・勉強に徹する
ということにしました。

実際のお金を取引せず
冷静に市場を見極めることで
より質の高い情報を届けて行ければと思っています。