この記事を書いている段階で
腹痛男はFXを止めています。

FXの世界で見れば
たかが数万円なのですが
やっている身としては結構つらかったです。

とはいえ、将来また
FXに復帰してみたい
という気持ちもあります。

(あくまで稼ぎたいと思ってるわけですが)

ここでは、自分への戒めを込めて
これからFXで稼ぎたいと思っている人に
自身の経験に基づいた極々基本的なことをお話しします。

成功したいなら
こうした方がいい
と思って書いてはいます。

とはいえ、私は失敗して
トレードから手を引いた人間です。

もし大勝ちして手を引いた
だったら、もう少し説得力があり
偉そうなことを言えたんですけどね。

知識を以って臨め

FXはこれからさきのことを
予測してトレードを行い
利益を出さなければなりません。

しかし、慣れている人にとっては
相場の変動は過去と似た知識を以って
トレードにような挙動を示すと言われています。

その経験を活かして
トレードを行っていきます。

いわゆるテクニカル分析と言うものです。

私は線を引いてトレンドを見る方法と
テクニカル分析指標(MACD・ボリンジャーバンド)
を用いてトレンドを分析しました。

ボリンジャーバンドや
MACDの詳細は置いておくとして
使った感覚は悪くないものでした。

別に、ボリンジャーバンドやMACDを
使わなくとも、トレードで勝つことはできると思います。

所詮、トレンド分析は
勝つための道具にすぎません。

「この先どのくらいまでどっちに値が動くか」
これを見極めることが最重要課題です。

これが直感であっても
百発百中で当てられるならそれでいいんです。

(私が参考にしたサイトはこちら>>投資の教科書 FX

ただし、根拠がつけられ
これくらいまで値動きするだろう
と言うのを機械的に考えられれば
安定して利益を上げることができます。

そのためには、徹底して知識を身に着け
それを利用できる必要があると思います。

精神的疲弊は絶対に避けろ

人間、予想に反した動きが続け
ば不安に駆られます。

絶対にこうなる
と思ったとして
大抵の人は、僅かな値動きで
不安に駆られてしまいます。

実際、メンタルコントロールが
さほどうまくない私のような人間は
1日1000円の損失でも露骨に気落ちしてしまうほどでした。

FXは
良い成果も
悪い成果も
露骨にすぐに出てきます。

そのため、稼げなくなると
精神的ダメージが特に大きく響いてきます。

将来を見据えて
これが勉強代だと
思うことはできます。

ただそうやって
金を減らしていったとき
どの程度まで我慢できるのか
を考えた方がいいとも思います。

ストレスで判断力が鈍る
なんてこともあります。

FXで損失はかさむし
ストレスは溜まる
と言うのが最悪のパターンです。

また、仮にトレードで
利益を得ていたとしても
それを待つ間の時間で緊張で
疲弊してしまっていては長続きしません。

一流のトレーダーは
かなり機械的にトレード
をしていると言っています。

利益確定していないときに
値が上下しているのを見ると
かなり不安を感じるのは、私はバッチリ経験済みです。

まずは、トレード回数を減らし
確実に勝てそうなところからやっていくことで
利益を減らしてでも損失を減らすべきだと考えます。

少し稼げて調子に乗った時ほど
危ないものです。

勝てそうな時にトレードする

トレード回数を減らす
と言うことにも通じる内容です。

トレードを開始したら
ポジションを持たないといけない
ポジションを持たないと損な気がします。

ただチャートを見つめている時間は
無駄に感じるかもしれません。

しかし、勝率を上げるためにも
「勝ち馬に乗る」ようにしてトレードをすべきです。

テクニカル指標やトレンドを見て
「これならいけるぞ」と確信したタイミングで
ポジションを持ち、トレードすべきです。

熟練者でもない限り
その確信は割とすぐに
崩れてしまうことが多いです。

ストレスの少ない
トレードをするためにも、
勝ち馬に乗るスタンスは必要な事です。

どっちになるかはわからないけど
とりあえずこっちに賭けよう、と言うのが一番の愚策です。

トレードの始まりも終わりも
根拠なしで突っ込んでいくのは
一番やってはいけないことです。

一度勝てたとしても
長続きしないことが多いです。

大きく稼ぐ可能性と大きく損する可能性は表裏一体

勝率が一定であると考えたとき
より大きな利益を得たい
と思った時にとる行動は主に2つ
・投資する額を大きくする
・トレード回数を増やす
しかし、これはいずれの場合においても
損失の額を増やすことにも直結します。

回数を重ねようとすることによって
根拠が不安定な状態でポジションを持ったり

同じ値動きでも、大きな額の取引をすることで
何倍にも損失が膨れ上がります。

FXの世界はノーリスク・ノーリターンですが
あまりに危険なリスクを犯したりすれば
一瞬で資産を消し飛ばすことにもなります。

FXであっても、他の投資などでも
極端な何かがあったとき、文無しにならないように
リスク分散するなどして気を付けて行動をしなくてはいけません。

これは、どのような資産家であっても
気を付けるべきことですし
生活費を賭けに出すような真似は絶対にしないでください。

あくまで、余剰資金を
失ってもいい範囲で運用するべきです。

安易に金を使うな

FXの情報は意外と
インターネット上にあふれています。

私はFXの知識はすべてインターネットで無料で手に入れました。

だから負けるんだ
と言われるかもしれませんが
基本事項は金を払わずともかなりいい情報が転がっています。

情報を探すことを嫌がって
金さえ払えば良い情報が手に入るだろう
と安易な判断をするようでは、自分で金は稼げません。

長い目で考えて
損失を許容するべきだと考える人もいます。

損失も、目的をもって
管理してこそFXで稼ぐ者だと思います。

まずは無料の情報を集め
それでも集めきれない部分を
どのようにして補えばいいのか
戦略を立てて、お金を出して購入すべきだと思います。

正直、私にはそこまでの
器用さはありませんでした。

色々考えることは好きでしたが
それを的確に運用できず、なんとなくで取引をした。

取引するのにも金がかかる。

それは、取引手数料などと言うことではなく
損失のことを考えればの話です。

それをないがしろにしていたからこそ
失敗したんだろうなと今は感じます。

結びに

最初では偉そうなことを言えないと言っておきながら
割と偉そうなことを言っていてすいません。

ただ、ある程度、損失がかさんで来たら
さっぱり足を洗うことも必要だと思います。

FXは金を稼ぐ手段の一つであって
FXだけにこだわる必要はないと思います。
(手前味噌ですが、そのほかの稼ぎ方について、色々ご紹介しています)

インターネットで稼ぐ具体的な方法ってどんなもの?

これらはあくまで持論ですし
FXで稼ぐにあたっての精神面や行動指針などを
書き散らしただけの物ですから、話半分に読んでください。

ただ、私の失敗が
誰かの失敗を防いでくれたら
と思い、この記事を作成させていただきました。