私は30歳までに
2000万円を貯めると言うことに
やや異常気味な執念を向けています。

実際の行動は
まだ甘い部分が多いのですが
それでもほぼ常に2000万円ためることを考えています。

なぜそんな願望に突き動かされているのか。

それについて本日は説明したいと思います。





自分に負けたくない

多分、今の会社に勤めていれば十分な収入は見込めます。

今焦って2000万円貯めずとも
そこそこ余裕のある生活は送れるでしょう。

逆に2000万円貯めても、満足な貯金とは言えません。

現在の投資利回りや環境を前提とすると
2000万円全額運用しても、生活費をまかなうに足りるとは言い難いです。

2000万円では早期リタイアも出来ないというわけです。

ではなぜ2000万円ためることにこだわるかというと自分でたてた目標だからです。

この目標を立てる前には
1000万円を30歳までにためるという目標を立てました。
ところが、少し計算してみるとちょっと余裕がありました。

余裕があるくらいの目標では
あってもなくても変わりません。

そんなものは
もう覚えた英単語の練習をするような無駄なことです。

というわけで
単純に倍掛けしたのが
2000万円という目標です。

きしくも、
世間が老後貯金2000万円問題で
騒ぎ出す数ヶ月前の出来事でした。

貯金という目標は
別になくても良いと思います。

ですが、一度、ここまでやれた
という達成感を何らかの形で味わった方がいいとは思います。

普通に考えればその額は100万円くらいでも十分だと思います。

100万円まで一度我慢して
そのあと、パァッと使ってみるというのもありだと思います。

でも、何らかの高みを
経験しておくことは大事だと思っています。

目標をたてた当時は
2000万円貯めて会社辞めよっかな
なんて事を呑気に考えていたこともありました。

でもそれは無茶だと今は自覚しています。

2000万円という数字には意味はありません。
ただ、自分にとって挑戦的な金額を貯めようとしただけです。

その結果
私の環境では2000万円が
ちょうど挑戦的な額だったというそれだけのことです。

労働所得だけで2000万円貯めるつもりはない

労働所得だけでは2000万円貯金は達成不可能です。
そのため、その不足分を補う意図で、不労所得の構築も進めています。

不労所得は
ブログ
株式投資

が含まれています。

これらは額が上がればあがるほど
高いリターンを期待することができます。
(その分ハイリスクになることも忘れてはいけませんが)

そのため、これを
地道に積み上げていくことで
余裕で目標を達成できたらいいなと考えています。

そして、その次の話に進みます。

短期成果に飛びつく必要もないと考えている

この目標を立てた段階で
私は23歳で入社1年目でした。
(ひょっとしたら入社直前だったかもしれません)

速攻でお金貯める
みたいな目標ならば
労働所得に食いついても良かったでしょう。

ただ、私はしっかり自己投資を行って
来の収益も見据える必要があると思っています。

私が今行っている投資は
株式投資
筋トレ
ブログ
イラスト練習
等々が成果を発揮してくれるのには3年くらいかかると思っています。

新人社員がだいたい一人前になるのが
そのくらいというのを、何となく会社で聞いているからです。

ただ、もっとかかる可能性は高いでしょう。

単純に3年間で会社で働いている時間と
自己投資している時間を比べれば、前者の方が長いのは明白です。

とはいえ、効率を重視し
会社の経験を日常へ活かし
楽しんで進められればそれも決して不可能ではないでしょう。

そういう背景から
7年間というのはちょうどいい期間設定
だったのかもしれないと今は考えています。

不労所得の項でも述べたような
後半からの立ち上がりが期待できる話です。

もし、即金で欲しければ
金を転がしてキャピタルゲインを得た方が良かったでしょう。

しかし
そんな価値を生まない稼ぎ方はしない
というのが私の哲学です。

自分自身の価値を高めていけば金は後から着いてきます。
そんな生き方の方が私としては格好いいのです。

逆に辛いと言えなくもない

2000万円貯金の目標について
今までポジティブなことをお話ししてきました。

しかし、実際には
ネガティブな面もあります。

それは精神的にいつも
資金難状態に陥っていることです。

お金はあるのに、ものすごく不足しているような感覚に常に追われるのです。

生活は問題なく回っており
資産も徐々に増えています。

ですがこのままの貯蓄スピードだと目標の半分をちょっと上回る程度です。

にも関わらず、日々ふとしたことで不安を抱き
毎月赤字で貯蓄を取り崩しているような気分に陥ります。

2000万円と比べれば、今の資産は微々たるモンです。

このままだといわゆる
「貧乏人」の精神状態に陥ってしまう可能性もあります。

何をしたって現状が変えられないのならば
現状楽をする事を追求するような、ふてくされた精神になってしまいます。

これは
変えられない現状
常につきまとう不安

のダブルパンチによって引き起こされます。

それに対抗するには
不安の声に耳を貸さずに
地道に努力を続けていくしかないと考えています。

自己投資は
即金でリターンが発生するものでもありません。

長期的に継続していって初めて結果が出てくるものです。

こう言った状況を
切り抜ける最良の手段は
希望を持ち続けることです。

絶対に大丈夫だと思うことです。

しかし、思うだけでは
現実とのギャップで不安に飲まれてしまいます。

そんなときには、自分の実績で支えます。

ここまでやって来たから
ここまで頑張ってるんだから
大丈夫だと思うわけです。

そう思うためには
自分でも無理だと思うような
チャレンジをし続けるしかありません。

できるはずがないと思っていたことすら
やりきってしまったというような自身です。

そして、その自信を得るために
挑戦的な目標「30歳までに2000万円貯める」
という目標を立てて努力を積み重ねているのです。

終わりに

最後で話が出発点に
戻ってきましたね。

ですが2000万貯めただけで
話が終わるわけではありません。

まだまだその先に
私の人生は50年以上続きます。

それを
より楽しくするために
より強く生きられるために
私は2000万円を貯めきって過去の自分に
どや顔を向けてやると決心して記事を書いています。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト