2018年は
副業元年と言われましたが
盛り上がりには欠けていました。

しかし
だからと言って
稼ぎを上げるために
副業をやった方がいい
という事実は変わりません。

会社勤めの中
副業をすることに対する
現在の環境をお話しします。





政府「副業は基本OK」

2018年の1月に
政府は「副業・兼業の促進に関するガイドライン
を発表しました。

大まかな
内容としては
副業は原則としてOK
となり、副業を禁止されなくなりました。

だからといって
大っぴらに副業をして
いいわけではありません。

ほとんどの企業が
就業規則の定めにより
副業を禁止しているのは
このガイドライン発表後でも同じです。

ガイドラインは
法律ではないので
法的拘束力はないです。

なので副業がばれて
解雇されそうになっても
解雇から守ってくれたりはしません。

仮に副業で
解雇を迫られて
裁判に持ち込んでも
それはほぼ個別事例によります。

これについては
後で説明をします。

大半の中小企業では
解禁はされないでしょう。

一方の大企業では
「副業で身に着けたスキルを
 本業(自社)でも活用して」
とキャリアアップを丸投げするような態度です。

企業としては
副業する暇あるなら
勉強して自社に貢献して
という言い分なのでしょう。

つくづく身勝手を
言ってくれるものです。

これでは企業は
・研修(教育)費用を抑えられる
・副業を認めるというPRができる
と言うお得なことづくめです。

社員の側からすれば
研修で金が貰えるのだから
悪い気はしないでしょう。

とはいえ
それが副業OKの姿か
と問われると私は疑問を抱きます。

そもそも
自社で必要なスキルを
持たない社員を採用して
研修まで付けてくれるのは
あり得ない話のように感じます。

副業で出来るのは
せいぜいが単純労働か
権利収入を得られるもの
のどちらかしかないと思います。

グレーゾーンにおける副業の可否

会社が副業を
禁止はしてなさそうだが
どこまでダメですかと聞くのも難しい話です。

そのため
ここでは簡単に
これはマズいだろう
というような話を上げます。

とはいえ
会社自体も
今は判断に困っており
この記事でダメだOKだというのが
全社に適用はされるわけではありません。

まず第一に
本業である会社勤めに
影響が出るようだと問題です。

夜遅くまでバイトして
昼間会社で居眠りするようでは
本業に思いきり差し支えています。

これに関しては
ダメというところも多いです。

また
あんまり
悪目立ちしたり
するような副業も
ダメだと言われることが多いです。

例えば風俗店です。

風俗と言うと
外聞が悪い事や
人に会うことが多く
そこから発覚することもあります。

有名な例ですと
風俗ではないのですが
キャバクラのバイトで上司と遭遇
ということも起こりえるので注意です。

法に触れる
反社会的行動
この辺に関わる
副業は間違いなくダメでしょう。

これは
副業かどうか
など問われずに
ダメだということは
お分かりいただけると思います。

秋のあるお祭りで
羽目を外して騒ぎ過ぎて
車を横転させてしまった人は
取引先から指摘があり即解雇でした。

副業かどうかに
関わらず違法行為はダメです。
首を切られる覚悟はしときましょう。

副業は案外ばれない

副業と言うのは
意外と会社にバレないです。

会社は
独自ルートで
副業すらも把握できる
なんてことはありません。

あなたの行動が
私生活においても
監視されていることも
あり得ないので安心してください。

しかし
だからと言って
大っぴらに行動すれば
それは副業バレにつながります。

まず一つには
税金に関わる話で
ばれる可能性はあります。

この件については
少し難しい話になるので
別記事にて解説をしていきます。

とはいえ
副業をするような人が
税金とか法律とか苦手だから
とはいかないので注意が要ります。

税金を
納めないと
後でとんでもない目に遭います。

次に
自らの
社内での行動です。

バレた人は
大抵は金銭まわり
あるいは自分の行動
であることが多いです。

例えば
突然羽振りが良くなった
住民税の必要額が多くなった
などはどちらもお金まわりの事実です。

あなたも
会社の隣の人が
突然、金の時計をしたら
宝くじにでも当たったのか?
と思って聞いてみたくなるでしょう。

なので
もし仮に
副業で大当てしても
勢いで会社を辞めたり
金遣いが荒くしたりすると
間違いなく破滅してしまいます。

そうでなくとも
副業で儲かっていると
どうしても気が大きくなって
口を滑らせてしまったりしまいます。

また
副業で稼いでるなら
会社を辞めてもいいだろう
と思うのか行動が大胆になりがちです。

大胆な行動は
時には社内に改革を
起こすかもしれませんが
仮に辞めるにしても円満退社が良いでしょう。

なので
バカみたいな
行動は慎みましょう。

まして
会社に在籍しながら
副業としてやるのなら
なおの事人には言わない様に。

まとめ

2019年の
副業をめぐる
環境をお話ししました。

今のところでは
副業をやるならば
まだまだ静かにやった方がいい
という状況がほとんどを占めます。

かといって
副業即解雇と
なるわけでもないので
そこは安心しつつ慎重に
副業を行っていきましょう。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト

稼ぎやすいと噂の
アダルトアフィリエイトの
情報はこちらから

藤田のネットビジネス無料メール講座