反省と言うと
悪事を働いたと
感じるかもしれません。

しかし
日々善良に
生きているだけでも
反省すべきことは出てきます。

その反省の効果
そしてそれを含んだ
PDCAの効力についてお話しします。





反省の効力を実感したきっかけ

反省の効力を
実感したきっかけは
このサイトの成長について
簡単な記事を作ったことでした。

一時は
noteでの
販売も考えましたが
そこまでの内容ではない
と判断したためこのサイト内にあります。

このサイトの歩み(2017年11月~2018年3月)

これは
かなりの内容を
赤裸々に書いたため
アフィリエイトをしたい
と思っている人は参考にしてください。

私自身は
初心者にありがちな
日々のPV数を当てにして
サイトの実情を把握していました。

サイトに
アクセスが来るより
そこで発生する収益の方が
大事なのは稼ぐという上では
非常に明快な事実ではあります。

しかし
アクセス数は
割と簡単に手に入ります。

一方で
様々な広告を掲載する
アフィリエイトサイトでは
様々なASPを利用するせいもあり
収益は自分で合算をしないと分かりません。

特定の
ASPにしか
広告がない案件もあり
どうしてもASPは複数登録が
前提になってしまっています。

そんなワケで
先ほどの記事を
作成するまでの間
私は得ていた報酬を
全く計算していませんでした。

そもそも
そんな丼勘定で
プロとしては失格で
それを気付く意味でも
この記事の意味は重要でした。

実際のところ
収益はせいぜいが
サーバー代を賄う程度だ
ということが判明しました。

辛い現実でしたが
それに気付かずにいる
無知の幸せに居るよりは
よっぽどいい事だったと思っています。

反省には苦痛が伴う

反省のために
現状を確認すれば
大抵の場合は辛いでしょう。

自分の想像と
現実の間の齟齬により
失望や挫折を味わうからです。

こういったことを
味わいたくないがために
人は反省を避けてしまいがちです。

自分の過失を
認めてしまうことは
意外と辛いことですし
とてつもなく難しいことです。

今でも
十分頑張っているが
それ以上に頑張らなきゃ
となれば誰だって辛いです。

PDCAサイクルは反省を活かす手法

今まで述べた
反省をどう活用するか
そしてそもそも反省するために
どういう準備をするのかということを
統計立てて考えたのがPDCAサイクルです。

PDCAといのは

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(確認)
  • Action(行動)

の頭文字です。

意味としては
計画を実行して
成果を確認して
修正して次につなげる
というようサイクルです。

PDCAを
継続して
実行すれば
ドンドン改善が進む
というようなものです。

偉そうなことを
言うの簡単ですが
私自身もPDCAはまるで
実行できていませんでした。

私は計画もせず
終わった事は忘れたい
というタイプだったので
PDCAというのは聞くだけで
逃げ出したくなる言葉でした。

しかし
先ほどの一件で
少し反省に対して
前向きな感情が芽生え
今では徐々に生活にPDCAを
取り入れるように意識的に暮らしています。

何があっても現状把握だけはする

これが一番重要です。

今すぐ実行しましょう。

人間と言うのは
思っている以上に
自分のことを分かっていません。

自分に
自分のことを
理解させるためには
文字化することがお勧めです。

つまり
紙とペンで
書き出してみることです。

私も
メモの多くは
スマホやPCでとり
日記もPCでつけます。

ですが
何か反省をしたり
現状を把握して次に繋げる時
必ず紙とシャープペンを使います。

そのための
ノートも一冊
用意しています。

100円ショップで
3冊100円で買った安物です。

汚れもつきやすく
ゴミもくっついています。

ですが
ハードに
持ち歩く訳でもなし
これぐらいでも十分です。

これに
とにかく
書き散らしていきます。

言い訳とかも
結構正直に書きます。

その言い訳が
出来ないためには
どう対策すればいいか
というようなことも足します。

これをすると
PDCAのPができます。

私自身は
まだまだ未熟で
Pの大半が実行できません。

ですが
それも大きな枠で
PDCAを回せばいいのです。

1つのPDCAの外側に
大きなPDCAサイクルを作り
それによってより良いPDCAを
作っていけばいいだけの話です。

あまり
事を大きく構えず
極々小さいところから
改善を進めていけばいいのです。

小さなことから始めればいい

私は長らく
改善という物が
出来ない人間でした。

改善と言う行為に
苦手意識を持っていたのです。

しかし
最近では
そんなこともありません。

改善への苦手を
克服したきっかけは
意外かもしれませんが外食でした。

私は
食べるのが
好きな方なのですが
ついつい値段を気にして
うどんかラーメンかといった
安い物ばかり食べていた人間でした。

しかし
これでは
食事が楽しくないので
思い切って改善を進めることにしました。

とはいえ
この程度の時は
P:イタリアンを食べよう
D:スパゲッティ屋に入る
A:次はカレーでも食べるか
というような簡単な反省でした。

Cでわざわざ
チェックするほどの
事も何もなかったので
そこは潔くカットしました。

しかし
これが中々
良い成果を発揮しました。

まず何事も
簡単なところから始め
モチベーションを上げる
とは非常に良い言葉です。

誰だって
毎日同じものを
食べていては飽きるでしょう。

たまにはこの
簡単改善ステップで
何を食べたいかを計画したり
してみると意外とPDCAを簡単に
実行できるようになったりするのです。

下らないとは
思うかもしれませんが
それでもやってみてください。

意外と
効果があって
少しだけ生活に彩が増えます。

まとめ

私が反省から得たこと
そしてPDCAについてを
説明させていただきました。

何度も言うように
反省は辛いことですが
それを乗り越えたからこそ
成功もあるのだということを
覚えておければ乗り越えられるでしょう。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト

稼ぎやすいと噂の
アダルトアフィリエイトの
情報はこちらから

藤田のネットビジネス無料メール講座