最近では
インターネットで
銀行のことをとにかく
悪く言ったりする人もいます。

確かに
銀行での
金融商品トラブルの
報道はここ最近増えており

銀行も
何かと変わってきている

と感じる人もいるでしょう。

銀行も
お商売ですから

お金を預かるだけの場所

ではありません。

今も昔も
それは変わりません。

ですが
ここ最近の
景気の動向により
確かに銀行は変わってきています。

その銀行の
稼ぎ方とはどういう物か

そして

それが今や
どうなってしまったのか

解説していきたいと思います。





かつての銀行は融資で稼げた

かつての銀行は

融資

による
収益が中心でした。

融資とは
つまりは借金のことです。

特に
日本経済が
発展進行中であった
高度経済成長期においては

どこの企業でも
割と成長性が見込めたので

お金を沢山貸して
沢山返してもらうのが
非常に容易な状態でした。

今や銀行は金を貸したがらない

ところが
現代では経済が停滞し

下手をすれば
超有名な大企業ですら
経営が傾いてしまう世の中です。

もし貸した先が
倒産でもしてしまえば
借金はとりっぱぐれてしまいます。

そうなれば
自分たちが損をします。

顧客の口座に
損失を与えようものなら
皆こぞって預金を引き出します。

そうなれば
銀行は完全に
立ち行かなくなります。

それを避けるため
銀行はお金を貸すことを
避けるようになってきています。

もちろん
貸さないわけではありません。

しかし
ヘタなところに貸せば

そのお金は
勿論帰ってきません。

それが嫌ならば

貸す相手が
キチンとお金を
返してくれるのか

キッチリと
審査を行って
その審査を通った人だけに
お金を貸すようにしていけばいいのです。

今や企業は金を借りたがらない

今までの話とは逆に
借りる側の企業の態度も
経済成長期とは違っています。

現在では
投資家たちの
経営に対する厳しい視線が

株式の価格

という形で
成績づけられています。

そのなかで
会社を評価するため
財務諸表による評価方法があります。

そのなかで
借金が多いというのは

それだけで
将来的なリスクが高い

と判断される要因になります。

これは
個人に置き換えると
比較的容易に理解できると思います。

同じ豪邸を持っていても

一人はローンで払い
一人は現金で払った

となれば
現金払いの人の方が
お金持ちっぽそうな感じがします。

会社は
投資家たちの
そう言った心理を考え
自己資本比率を高めることで

投資しても
安全だと思われるように
工夫をしているということです。

融資が減る=銀行がもうからない

これらの事情から
融資する方も気が乗らず
融資される方も気が進まず

結果的に
融資をして
利子を回収する
ということ自体が
困難になってきています。

さらに
銀行の余剰資金を
国債にまわそうにも
国債の利率も極端に低いうえ

株式などの
市場に投資しようも
投資は融資よりリスクが高いです。

そんなことをして
損失を負いたくないので

結果的に
リスクを負ってでも
リターンを求めるという
強気の姿勢からはかけ離れた

用心深く
硬直してしまい
成長も発展も望めない

というのが
日本経済の現状です。

その結果
銀行の金利は
本当に少なくなり
雀の涙よりも少なく

銀行に預けておいて増える

という感覚は
失われて久しいと思います。

実際
私のような
若輩にとっては
銀行はただお金を預け

給料を振り込んでもらうか
クレジットカードの引き落としをするか

程度で
ここまでくると
もはや決済用の感覚です。

銀行に預けて
お金が増えるというのは
私にとってはごく昔の出来事です。

まず一つ
こういった背景から
預けておいても損はしませんが
ほとんど得という得もありません。

銀行の稼ぎ口が顧客に向きつつある

このように
銀行はかつての
稼ぎ口をほとんど失っています。

だからと言って
稼がなければ銀行も
潰れてしまう訳ですから
何とかして稼ごうとするわけです。

その結果
今までただの
利用者であった
預金者が的となりました。

現状の銀行は

保険を売る
投資信託を売る

と言った
方法に活路を
見出しています。

いずれも

他社の商品を
紹介することで
紹介料を貰うような

アフィリエイト
と同じようなモデルで稼いだり

自社で商品を作り
そこから稼ぎを上げたり

しています。

いずれの場合も
利用者サイドから見ると
非常に不利な案件が多いです。

投資信託は
ぼったくるような
手数料を取ることで
どう考えても損する商品を
売りトラブルになったりします。

手数料が
ぼったくりかどうか
実際は難しい問題です。

ですが少なくとも
投資信託はある程度
儲けるために購入するはずですが

儲からないのであれば
買う意味はないはずですし

せっかく
貯金と待機を
続けて資産価値を高めたのに

最後の最後に
高い手数料をとられれば
ぼったくりと言いたくなります。

実際のところ
広告費や窓口業務代など

「必要」とされている
コストも多いのも事実でしょう。

しかし
そう言った
コストを削減し
投資されたお金を
可能な限り全額投資に回す

顧客に対して
良心的な投資信託が
存在しているのですから

顧客としては
そちらを利用すべきであり

これが
銀行で損をする
直接的な原因と言えます。

まとめ

かつては
顧客は預金するだけでも
得を取れるという美味しい立場でした。

しかし
経済環境の変化により
考えが甘い預金者だからこそ

カモにしやすい

ということで
損をするような
仕組みができつつあります。

こういったことを
避けるためにも知識を着けて

カモにされないように
気をつけていきましょう。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト

稼ぎやすいと噂の
アダルトアフィリエイトの
情報はこちらから

藤田のネットビジネス無料メール講座