今年は
私にとっては
様々な投資がありました。

その投資についての
一年間を振り返ってみました。





金融投資

今年の
金融相場は
あまり明るいとは
言えないものでした。

日本も米国も
不安定な情勢から
誰もが疑心暗鬼になり

何かが起これば
すぐに資金を引き揚げる

そんな
相場の動きだったと思います。

年末に
千円以上の下がった

かと思えば

次の日には
勢いよく上昇する
という個人的な珍事は
特に深く印象に残りました。

今年から
金融投資の
世界に入った私は
安定収入とはほど遠く

そのため
貯金の一括投資で
その後の相場を見守りました。

1年経ってみれば

面白半分で買った
ビックカメラの個別株で
配当がちょっぴりあったくらいで

それ以外の
メインの投資信託は
ほとんどが含み損です。

いまさら
ひふみ投信から
引き揚げることは
毛頭考えてはいませんが

追加投資は
かなり消極的です。

投資開始
1年目にして
かなり苦汁をなめ

2万円くらい
値上がりしていた時に
一旦売り払っておけばな
と思わないでもないですが

そもそも
そういう事を
考えるのが面倒だから
投信を使っているわけで

将来的に
経済成長はしていくでしょ

くらいの
楽観投資は
今後も継続していきます。

むしろ
調子に乗って
利益確定した後
大きく転んだFXの
失敗をここでも繰り返さず
とりあえず静観しているというだけでも

個人的には
立派な成果が上がった
と考えているくらいです。

FXの失敗から腹痛男が思った知っておいてほしい5つの事

それに
損失は確定していません。

今後は就職で
継続的に収入があるので
それの大半を投資に回して
ひたすらお金に頑張ってもらえば
今の含み損など軽く笑い飛ばせるくらいには

利益を得られると思っています。

今後は
ひふみ投資を保留し
米国を対象とした投信を
購入していくことを考えます。

私としては
日本企業には
大いに頑張ってもらいたいですが

とりあえず
しばらくの間は
大きなリターンを寄越せ
という感じの欲望まみれの運用で

アメリカに
夢をかなえてもらいます。

そうでなくとも
NISAも積み立てNISAも
一切手を付けていないので
まさにここからと言った感じです。

自己投資

一方の
自己投資ですが
こちらも考えることは
今年一年特に多かったです。

今年は
色々な意味で
自己投資について
実感させられる1年でした。

それは
2つの意味でです。

1つは
遊ぶという自己投資

もう1つは単純に
勉強という自己投資です。

1つ目に関しては

ただ何かを
我慢するのではなく
いっそ我慢を諦めて
気分を思いっきり切り替える

それも
ド派手に
遊ぶことで
気分を切り替える
ということを学びました。

倹約は
確かに大事ですし
今でも怠らない様に

毎日
努力を続けています。

ですが
非日常体験は
私の心にやる気を
投入してくれます。

それも
近所でも
見知らぬ店に
入ってみるだけでも
かなり心持が違います。

これは
就活で今まで
慣れないところに
行かざるを得なかったのが

かえって
私のモチベーションを
アップさせてくれたことから

学びました。

ある意味で
会社の説明会三昧の
3月くらいが一番楽しかった
くらいの勢いかも知れません。

勉強の面で言えば
まず自動車免許を取りました。

自動車は
乗るのも運転するのも
かなり苦手で嫌ではありました。

教習所でも
何度もやり直しを喰らった
落ちこぼれ教習生だったことは
間違いのない事実だったでしょう。

しかし
最終的には
資格を取ったもん勝ちで

免許を取れた
という自信が自分を
強くしてくれました。

むしろ
皆免許を持ってるのに
どうしてあんなに活発じゃないんだ

と思うくらいに
私の自信になりました。

そこからは
FPの資格を取るため
勉強を開始してみたりして

今まで以上に
勉強がとても面白く感じられ
人生が突然変わってきたかのように感じています。

今年はどんな年だったか

正直
今までの
人生を悔やむような
そんな1年だったと言えます。

つまりは
それほどこの1年
色々と得る物が多かったです。

今までは
学校という機関に
長い時間を奪われてきましたが

大人になって
自由時間を得て
こんなにもいろいろ
やれることがあるのかと
驚きを隠せませんでした。

本来ゆとり教育とは

こういうことを
目指していたんだろう

と思います。

ただ
そもそもが
親も教員も古い人なので

その余った時間を
いかにすればうまく使えるか

それをなかなか
示せなかったせいで
ゆとりは失敗と言われたのであって

むしろ私は
キチンと自分で
行動できる脳があるなら
ゆとり教育は推奨されるべきだ

と考えるほどになりました。

大学で
教養の時間に
こんなことやっても
金にならないとぼやく
同級生たちはアルバイトのことを

考えていたのでしょうが

私はむしろ
お金と勉強を結び付け
他よりも心豊かに暮らせている
と思えるようになったほどです。

それだけ
この一年で
自分の人生に
自信を持てるようになった
ということも言えるでしょう。

私を大手企業が
拾ってくれたという
事実は私の自信とは
切り離せないでしょうけれど。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト

稼ぎやすいと噂の
アダルトアフィリエイトの
情報はこちらから

藤田のネットビジネス無料メール講座