無料ブログは
アフィリエイトには
向かないと言われたから

有料サーバーを
借りてみようと思っても

htmlやcssの勉強は
やっているどころじゃない

と思う人は多いです。

ですから

そう言う人向けに

WordPrsss
というものが
存在しています。

WordPressは無料ブログ感覚で使える

基本的には
WordPressは
有料サーバーで使います。

しかし
有料サーバーは
何もかもが自由なだけに
素人が0から何かをしようと思うと大変です。

そこで
WordPressを
インストールすると

無料ブログのように

記事を書いたり
ブログパーツを変更したり

気軽にできます。

この画像は
この記事の作成画面です。

本当に
やっていることは
無料ブログと同じです。

これを
htmlでやろうとすると

htmlの記述のやり方
ファイルのアップロード

など
直感的には
分かりづらい操作を
しなければならず大変です。

それらの
勉強の手間を省き
とにかくサイト作りに
注力したいというひとには

WordPressは
強い味方と言えます。

WordPressのデメリット

WordPressは
サイトを作る
標準的な規格ではありません。

一方で
htmlやcssは
キチンと世界中で
同じルールで使えるよう
取り決めがしっかりされており

国際的な
機関も存在ます。

一方で
WordPressは
しょせん有志の
ご厚意に甘えたもです。

言ってみれば

htmlは
JISやISOの規格

WordPressは
Wikiの様な手弁当

ということです。

しかし
最近では

サイトの3割近くは
WordPressで運営されてる

といった
データも出ており

標準規格でないものの

全世界規模で
ユーザーがいる
巨大なコミュニティがある

ということは
理解していただき

安心して
使ってもらって
大丈夫なシステムです。


ですが
htmlやcssを
勉強しないで済みますが

逆に言うと
WordPressが終わった時
サイトを作ることができなくなります。

さらに
WordPressは
インストールするために
サーバーに専用の領域を使います。

いまどきは
普通のサーバーでは
その領域が用意されていますが

安さを
売りにしているサーバーだと

数の制限が
厳しいことがあります。


そのため
1つのサーバーを借りて

htmlサイトなら
いくつものurlを置き
複数のサイトを運営できたのに

WordPressでは
容量が余っていても
領域の制限にかかって
運営サイトが増やせない

ということも
十分にあり得ます。


当然
複数のサイトを
作るなんて初心者には
遠い遠い話でしょうけれど

後々
そうならないよう

Xサーバーの様な

専用領域が
比較的多いサーバーを
借りることで下地を作りましょう。



また
複雑なことは
省略してしまいますが

一部では
WordPressの
セキュリティの甘さを
指摘する声も上がっています。


WordPress側も
頻繁なアップデートで
対応をしてはいるのですが

アップデートの時
バックアップを求められ

場合によっては
テンプレートが不具合を
起こすことも警告されます。


今のところ
私はそういった
致命的なエラーに
見舞われたことはありませんが

これからも
それが起こらない
とは言い切れないです。


これらのリスクは

私としては
目先の危険ではない
とは思いっていますが

それでも
感じ方は人それぞれです。


なので

何かが起こるかもしれない

ということだけは
心に留めておいてください。


色々言いはしましたが

とにかく
楽にサイトを作りたい
と言う人はWordPressは
絶対にお勧めできるものです。


というより
楽にサイトを作りたければ

絶対にWodPressを使え!

というレベルです。


プラグイン

プラグインとは
WordPressの追加機能です。


プラグインは
本当に色々な物があり

サイトのアクセス解析
サイトマップを自動生成する
バックアップをとってくれる
サーチエンジンに更新を伝える
スパムコメントを条件で蹴散らす

本当に様々です。


htmlの場合
これらのことをしようとすると

外部のツールを使ったり
自分でシステムを組んだり

とにかく手間がかかります。


ただし
便利な反面
プラグインを入れすぎると
サイトが重くなるとも言われています。


もともと
作業がしやすいように
色々なモノが入っている
WordPressに更に追加するので
どうしても重くなってしまうのです。

そのため

プラグインの数は
可能な限り少なくするべし

ということが
推奨されています。

とはいえ
このサイトでは
プラグインが9つ入っており

どうしても
便利なだけに
使いたくなるのは
誰でも同じでしょう。


もし
すぐ表示される
サイトを作りたければ

WordPressよりも
htmlの方が良いです。


無料でWordPressを使いたい

WordPressは
有料サーバーで使う
と冒頭で述べましたが


最近では
WordPress専用の
無料サーバーもあったりはします。


しかし
無料なだけあって

データ量が少ない
プラグインが使えない

など
WordPressを
十全に使いこなせない

そんな状況です。


とはいえ
お試し感覚で

さらに言えば
無料ブログと同じ感覚で

WordPressを
使えるということは
ありがたいことだと思います。


本当に苦手な人は

WordPressの
インストールだけでも
大変だったりしますから

そんなことせず
登録すればすぐに
WordPressが使えるのは
これまた非常に良いことでしょう。


ですが
そこまで
技術的な不安を抱えているならば

何らかの形で
手取り足取り教えてもらえる
教材を手に入れることも考えましょう。

例えば
アンリミテッドアフィリエイトなどは

本来は
アフィリエイトサイトを
作ることに関する戦略の教材ですが

そのための
周辺知識など
全てのことを網羅しているので

何もかも分からない
と言う人にはお勧めです。

アンリミテッドアフィリエイトは今なお強力な商材



WordPressのテンプレート

WordPressは無料・有料
含めて様々なテンプレートが存在します。


WordPress内で
テンプレートを検索でき

これらの画像は
そのほんの一部分です。

デザイン性は
無料の物でも見た目が良く

探し回るだけでも
かなり楽しめます。

その他の

LIQUID PRESS
というテンプレートも



一方で
有料のテンプレートもあります。

正直なところ
WordPressの無料
テンプレートでも十分凄いですが

有料の物は
さすがに一味違います。

デザイン性
という観点で見ると
さほど違いは無かったりします。

しかし
有料と無料を
隔てる違いはというと

SEOの観点

です。

SEOとは
簡単に言えば

検索エンジンで
上位表示されるため

のものです。

今は
Google以外から
サイトを訪問する人は

余程コアな
ファンがつかない限り
居ないと言っていいです。

そこまで来れば
ネットの有名人です。

そのため
SEOのことを
考えておかないと

いつまでたっても
アクセスが稼げないです。

私は
そう言った観点から
このサイトには

有料で購入し、利用する
賢威と言う物を用いています。

賢威はSEOを丸ごと対策する優れもの

賢威は
テンプレートのみならず
SEO知識の教材も込みなので

これ一つで
丸っとSEO対策出来ます。

そう言った意味で
私としてはお勧めしています。

まとめ

WordPressは
簡単にサイトを作る
そのためのツールです。

無料ブログ並みの
簡単さを得られる一方
少し重くなってしまうとも

言われています。

そして
テンプレートで
見た目を変えることができ

テンプレートには
無料と有料の物があります。

有料の物は
SEO的な利点があり

アフィリエイトを
したいとおもうならば

有料のテンプレートを
購入するとよいと良いでしょう。

誰でも簡単な
ポイントサイトはmoppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト

稼ぎやすいと噂の
アダルトアフィリエイトの
情報はこちらから

藤田のネットビジネス無料メール講座